フラット35の申し込みで最初にすることとは?

マイホームを購入する際、初めにしなくてはいけないことは資金繰りの事ではないでしょうか。
たいていの方は、銀行や信用金庫などからフラット35の申し込みをすると思います。
ローンの申し込みに関しては、家庭を支えている世帯主の名前で申請するのが一般的です。
支払が生じる期間は人によっては35年もありますので銀行側もリスクに備えて団体信用生命保険を掛けます。
これは万が一のことがあって支払が出来なくなった時借金が0円になる。
という事で、残された家族にもありがたい保険です。
住宅を購入する際には頭金が必要。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った広告も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。
返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。
数年後に、ローンを組んで家族と住むための家を購入したい方は融資を受けたお金をどれ位の期間で完済するのか相談しましょう。
通常は、25年か35年で申込みされる方が多いのですが調査結果では、満期より短い期間で返す方が多いようです。
殆どの方が10年以内に返済することを目処にしています。
ボーナスなどのまとまったお金を返済に充てるのであれば、手数料が出来るだけかからない銀行で選ぶと良いですね。
今後引かれるお金や必要になってくる経費も合わせて検討し、日々の生活が圧迫されないような金額設定が大事です。
まずは口コミや評判なども参考にすると良いですね。

フラット35の基礎知識!メリット・デメリットは?【長期固定金利!】