ですから歯医者に行くことになっていしまいます。しかし、歯周病になっても自覚症状がありません。ですから、そのまま放置する人が多いようですね。実は歯周病は、怖い病気なんですよ。知っていますか!?残念なことに多くの人は、歯周病の怖さを理解していません。それは何故かと言うと歯周病が口臭の原因ぐらいにしか考えていないからです。綺麗な歯、臭くない歯を求めている訳ではないですが...。近年の研究では、歯周病と糖尿病の関係が明らかになっています。ですから今では、歯周病は口の中の病気だけではなくなっています。また、歯周病を予防することで、自分の歯を失わずに済みますよね。(笑顔)(汗)ですから、ポイントとしては、歯周病に関する正しい知識を持つことから始めることですね。そうしなければならないですね。ドラッグストアに行くと歯周病予防の歯磨きなどが販売されています。それらを使用することで、歯周病予防が出来ると錯覚している人も多いですよね。もちろん、歯磨き、薬などで歯周病の進行を遅らせることは出来ます。それは一時的な効果しかありませんね。(汗)根本的な解決にはならないので、自分の口の中をよく見てください。気になる事があれば歯科医で診てもらういましょう。自分の歯の隅々まで自分で確認することは出来ません。ですから、歯科医が必要になります。(

関連ページ